HOME > スタッフブログ一覧 > 人だけではなく・・・。

人だけではなく・・・。

はじめまして、旭川 小林かもじ店 吉澤 良太です。

冬も去り、暖かくなってきた春の季節、女性の方々は、紫外線からの肌に関するケアを考え始めるころではないでしょうか?

肌や頭皮なども力を入れて取り組んでいる分野ではありますが、私が興味を持っているプライベートな分野、

犬や猫、特に犬は好んで個人的に勉強しています。

まず、紹介させてもらうと、うちで一緒に暮らしているボーダー・コリーです。

時期的な変化は、犬にも大きくみられ、寒い時期から暖かい春になるこの時期、

犬は換毛期をむかえ、アンダーコート(下毛)がゴッソリ抜け落ちます。

一番効率の良い方法として、シャンプーで流してあげるのが一般的です。

ここで使用するシャンプー、皆さん気にした事はあるでしょうか?

 

まず犬のことで軽く説明させていただきますと、犬の皮膚は人間と比べると薄く、

その替わりに豊かな被毛で被われています。逆に人間は皮膚が厚い分、体毛は犬ほど豊かではありません。

皮膚の外側は表皮で覆われており、その表側になる角質層が刺激や紫外線、乾燥から守ってくれているわけですが、

犬の場合はこの角質層が、人間と比べて三分の一の厚さしかありません。

そのため、外部からの直接的な刺激には大変弱いです。

 

次にシャンプーの中に入ってます界面活性剤、皆さんも一度は聞いたことがあるかと思いますが、

簡単に説明いたしますと、汚れを落とす作用があるものです。

この界面活性剤大きく2つに分けることができます。

1つがナチュラルな界面活性剤、もう1つが人工的な合成界面活性剤です。

そして今回着目していただきたいのが、合成界面活性剤のほうです。

これは天然の油の不足から、コストを抑えるために石油をもとに精製したもので、

コストから考えて大変洗浄力に優れています。

反面、角質層のバリアを破る強い浸透力と細胞のたんぱく質も壊してしまう事もあります。

角質層が人間の三分の一しかない犬にとっては、好ましいとはいえません。

 

そこで、最近の愛犬家で行われている事ですが、人間用のシャンプーを香料や、着色料、活性剤を考慮して、

犬とシェアして使用するために購入する人が増えてきている様です。

特に先ほど話しました、洗浄成分は、重要視する愛犬家も多いみたいです。

当サイト内でもヘアケアで色々紹介させていただいておりますので、興味のあるかたは是非御観覧ください。

 小林かもじ店   旭川サロン営業部 吉澤 良太

derma blend or Mac body are excellent
rob kardashian weight loss Shopping For Vintage Wedding Shoes

and since many movies seem to indicate a progression of their decay
quick weight lossLindsay Lohan jailed and released after 100K bail

投稿日:2013年3月31日

Comments are closed.